育パパが5分で書いてます

共働きの育児パパの日常ブログ。普段は都内ITベンチャー勤務。3才のかわいいキノコ頭くんはけーたんと呼んでます。

2018年01月

どこで覚えてきたのか、「おちんちん」とか「うんち」とか、いわゆる男の子が大好きな言葉を連呼してます。

もう少し大きくなったらだと思ってたので、不意を突かれてます。

保育士さんに聞いたところ、お昼ご飯が同じテーブルの子達で大流行してるとか。

食事中はやめたまえ。

と言ってもまあ、3歳児が叫んでても可愛いもんです。

「おばちゃん」を除いては。




そう、なぜかシモの言葉と一緒に「おばちゃん」 が大好物なご様子で、思い出しては至る所で連呼してケラケラしてます。

出先でも「おばちゃん」を連呼。

おばちゃんがいるところでも、お姉さんがいるところでも、おばちゃんかお姉さんか微妙な塩梅の人がいるところでも。。

マジデヤメテクダサイ。 

ブームが去ることを祈る毎日です。 



 




先週の検診でやっと第二子の性別を教えてもらえました。

パパもママもけーたんも男の子を予想してましたが…

結果は女の子!!!!!

ということは…娘とデートとか、デートとか、デートとか…できますね!

名前決めなきゃ!


 

 

25


このブログを読んでくれてるみなさん、特に共働き育パパたち。

保育園お迎えのときの夕飯ってどうしてますか?

ウチでは食事の用意は7割くらい自分がやっています (※主観)。

ママは料理が苦手というわけでは決してなく、むしろ上手です。

(ちなみに、このブログはママも読んでます!)

こういう割合になってるのは、保育園お迎え日に買い物して帰る、帰宅後にご飯作るのは体力的にキツかろう、という育パパ愛です!キリッ

というわけで、私の担当配分はこんな感じ。平日の夕飯や土日はイレギュラー分担。

  • 平日の朝食:100%
  • 平日の昼食 (お弁当):90%
  • 平日の夕食:50% (保育園お迎え日とそうじゃない日の深夜)
  • 土日の朝食・昼食・夕食:50%

このなかで一番しんどいのはダントツで「平日の夕食」ですね。土日とかむしろ楽しい。

なぜ平日の夕食がしんどいのか、それは限られた時間で以下のフローを一気通貫でこなさなければならないからです。 

  1. 献立計画
  2. 買い物 (&冷蔵庫の在庫調整)
  3. 料理 (&子供の相手をしながら) 

しかも2と3の間で保育園お迎えを挟み、3の最中に子供におやつ与えたり、お話聞いてあげたり、遊ぼうという誘惑を断ち切ったりしなきゃならない。

どれも大変なんですが、一番はなんといっても1〜2です。

冷蔵庫の在庫、最近食べたもの、その日のフィーリング、妻のフィーリング、息子の健康などの膨大な変数を加味しつつ、息子の就寝が遅くならないように短時間でぱぱっと作れるものを考えなきゃならない。

そのなかで少しでも考える時間を減らすために pinterest に美味しかった・効率的に作れたクックパッドのレシピを溜め込んでます。

Papa Cock | pinterest

会社から出た瞬間にこれを開き、あとは冷蔵庫の在庫とインスピレーションを掛け合わせて選択するイメージです。

それでもすべてがコレじゃない感に満たされたときはもれなく絶望して、うどんに逃げます。

「こんな工夫してるよー!」っていう tips があればぜひ Twitter とかでシェアしてほしいです。

ちなみに、最近は「タベリー」なるサービスが、私の夕食タスクを助けてくれそうな気配がしてるので、今度試してみようと思います。

20171223194909


使ったらレビュー書きますね。 

先週はインフルエンザで1週間おやすみだったけど、お熱下がり、登園許可証もゲットして、今日から保育園復帰しました。

ウチはA型でしたが、保育園ではB型も出てるので、まだ油断はできないです。

けど、ひとまずよかった〜。

パパもママも今のところ発症する気配なさそうだし。

これで一安心。と思った矢先に、本日は雪の予報って!

予報の通り、大雪になりましたね。

お昼過ぎからすでに外の風景おかしかったですもんね。

それでも、保育園から家までの道でけーたん(息子)と雪でいっぱい遊ぶぞー!って年甲斐もなくワクワクしてましたよ。

会社出るまでは。

駅に乗客殺到し入場規制「どうしたらいいか…」| 読売新聞


私ももろ被害受けました。

ママがお腹大きいので、保育園よりも自分よりも、そっちが心配で。

保育園は遅れちゃうけど、ママと待ち合わせして、別経路でうまいこと帰ってこれました。

やっとこさ家帰ってきて、そのまま保育園へ。

もうパパは疲れて果てて家でこんな感じになってました。




漫画は次回からまた描くです。




 

↑このページのトップヘ